今日も自分の復習を兼ねてLIMAクッキング

スクールで学んだことを書いてみます。

陰陽について

一番???になるのがここ陰陽についてです。

でも自然に目をやると「なるほどなんでも陰陽

で語れるな」と思うのです。

簡単に(簡単すぎ!)にいうと広がる力が陰で

内に縮まる力が陽です。

一つの事象の中に相反する二つの力があって、

強く引き合っている。

さらに一つが極まるともう一つになる。

すなわち、陰極まって陽となる。

月と太陽、遠心力と求心力、大小、N極とS極。

そういう力が働いているんだ。

これを食べものにも陰性か陽性かを考えて

調理します。

中庸

この陰陽のバランスが取れた状態が中庸です。

ただしぴったりと真ん中!というものはなく

どちらかに傾いているものです。

食材や調理法を考える時には全体でバランスが

とれるように目指します。

体質・体調の陰陽

人間の体質・体調にも陰陽があって極端になっ

ている場合には中庸になれるように、例えば

陰性体質であれば陽性な食べ方を目指します。

この陰陽を自分のものにするのが一番難しいの

ですが、自分の体質や体調を把握して中庸に

もっていけると日々が健やかに過ごせます。

判断力を培う

体調も日々変わってゆきますので自分は陰性

だから!と陽性のものを食べ続けるというのも

バランスを欠いたことになります。

そこで日々自分の体調はどうかなと客観的に

判断しなければなりません。

マクロビオティックって判断力を培うことが

一番大切です。

私はお料理も陰陽のこともリマクッキングで

学びながら「なんて自分の五感ってものを

使って来なかったんだろう。。。」と振り返

りました。

先生方は判断軸に決してブレがなくてどの先生

も一本筋が通っていてかっこいい。

卒業してもこれはまだまだ自分のものにできて

いないけれど、陰陽を考えながら自分の中にも

ぶれない軸をしっかりと持ちたいと強く思うの

でした。