昨日マクロビオティックの発祥の学校LIMA

クッキングスクールの試作会が終了しました。

初級・中級・上級・師範科と進むのですが、

試作会に自分の作ったお料理を

提出し先生方に評価していただいて修了書を

いただけます。

上級まではクラスで学んだものです。

師範科になるとオリジナルレシピで作品を

提出します。

やっと師範科まで終了しました。

少しLIMAクッキングスクールについて

お伝えします。

以下LIMAクッキングスクールのサイトより

”食養運動家である桜沢如一(1893-1966)

によって1957年に日本CI協会を設立。

以来、出版や講演会、料理教室などを通じて、

マクロビオティックに基づいた愉しく

自由な生き方の提案・普及活動を続けています。
夫人の桜沢里真が1965年に設立した歴史ある

マクロビオティックの料理教室が

リマ・クッキングスクールです。”

52年間続く料理学校です。

現役の先生方の中にはこの桜沢里真先生から

学んだ方がいらっしゃり、講義の中でその

貴重な話を聞かせていただけるのも

とても楽しかったです。

このロゴマークは玄米ですね。

私は夏の短期集中で初級から上級まで

通いました。

したがって最短で師範科卒業したことに

なります。

マクロビオティックとは

そもそもマクロビオティックとは。。。

以下もLIMAクッキングスクールのサイト

からです。

“「マクロビオティック」といわれると

なんだか難しそうと思われるかもしれ

ませんが、実はとってもシンプル。

「玄米菜食を中心として、

その土地でとれたものを、その旬に食べる」

を基本にすればよいのです。
広い意味で、マクロビオティックとは

自然の法則に調和する生き方。

そして、人の健康と地球の健康を大きな視野

から見ることです。

その実践の基本が毎日の「食」になります。”

最初は「あれもダメ、これもダメ」に

なりがちですが、実はいたってシンプル

なんですよね。

明日から自分が学んだことを改めて

振り返り伝えていきたいと

思います。