WHOLE FOODS

私の冬の楽しみな食材の一つに里芋の皮があります!
3年前に「SOYA銀座」さんという自然派ワインとナチュラルイタリアンのお店で初めて食べました。
まず、ヒゲいっぱいと思っていた皮が食べられることに驚き、さらに味わい深いことに驚きとりこになりました。
それ以来自然栽培の里芋は丁寧に洗って食べています。
先日のBioCookingClassでは葛粉を和えて天ぷらにしました!塩を振っておつまみとして。
揚げずにきんぴらにすることもできますね~♪
何がいいって、味もですが翌日のお腹にものすごく効きます。
ギューってお腹の中を絞り出されているような感じがします。
友人のご主人もお腹にすごい影響があって「週に2回は作ってほしい」と言われたとか。。。
やってみてその効果を報告してください(笑)。
他に野菜の皮を集めてベジブロスを作ることもできます。玉ねぎの茶色い皮を入れるといいお出しがでます。

野菜の皮は栄養価が高い

野菜や果物の皮には外敵から身を守るためにトマトのリコピンに代表されるフィトケミカルなどの養分を蓄えています。
ただ、この恩恵に与ろうと思ったら農薬不使用の野菜を選ばなくてはなりません。
私が自然栽培の無農薬の野菜にこだわるのはここにもあります!
お米もやはり糠の部分にしっかりと栄養があったり、小麦の外皮には食物繊維が含まれていたりと
全体で完成されたものになっているのです。玄米や全粒小麦がいいですね。
できるだけそのもの全体をいただくようにしたいものです。